第34回 分析電子顕微鏡討論会のお知らせ


主催
公益社団法人 日本顕微鏡学会 分析電子顕微鏡分科会
協賛
軽金属学会、日本金属学会、日本材料学会、触媒学会、日本熱処理技術協会、日本表面真空学会、日本鉄鋼協会、日本分析化学会、応用物理学会、日本セラミックス協会、日本物理学会
日時
2018年9月4日(火) 10:00-16:30 (受付 9:20〜)
2018年9月5日(水) 10:00-16:25 (受付 9:30〜)
(分析展 JASIS2018 (主催:日本分析機器工業会)と共催)
会場
幕張メッセ 国際会議場2階 国際会議室 (〒261-0023 千葉市美浜区中瀬 2-1)
最寄駅 JR海浜幕張駅 徒歩10分 / JR,京成 幕張本郷駅よりバス15分 / 羽田、成田空港よりバス 40分
9月5日は幕張本郷駅ほかよりJASIS シャトルバスも利用いただける見込みです。
海浜幕張駅から徒歩が便利です。
⇒JASIS2018 アクセスガイド
参加費
日本顕微鏡学会会員(個人会員)及び協賛学会員(個人会員) 6,000円(予稿集含む)
非会員 7,000円(予稿集含む)
学生 無料(予稿集が必要な方は 1,500円)
※ 法人会員は非会員扱いとなります
※ 参加費に飲食費は含みません
※ 日本顕微鏡学会会員は消費税 不課税、それ以外は内税となります。
内容
分析電子顕微鏡に関わるチュートリアルと研究トピックス(一般講演含む)について講演が行われます。チュートリアルでは、分析電顕の基軸となるEDS、EELSの基礎について詳しい講演がなされます。初日のトピックスセッションでは、EELSという分析手法と「電池材料」に焦点をあてて最新の研究事例を紹介します。二日目は「試料作製」というトピックスセッションで無機材料から生物試料まで詳しい講演がなされます。なお本年度は二日目の午後に特別講演として名古屋大学の藤吉先生をお招きし、『構造生物学を激戦させたクライオ電顕』について講演していただきます。また二日目の午後には一般講演セッションに設定し、分析電顕に関わる活発な討論の機会を設けます。一般講演に奮ってご参加ください。

参加申込方法

⇒ 参加登録ページへ

上記参加登録ページよりお申込みいただくか、氏名、所属、連絡先住所、e-mailアドレス、会費種別(会員・協賛学会員(学会名をご記入下さい)・学生・非会員)をご記入の上、e-mail にて下記連絡先宛お申し込み下さい。

その他

本討論会は JASIS コンファレンス として実施されます。本討論会参加登録のほか JASIS2018 入場登録が必要です。当日朝はJASIS受付の混雑が予想されますので、JASIS 事前入場登録をお願いいたします。⇒ JASIS 2018

一般講演申込方法

定員に達しましたので、一般講演は申込を締め切らせていただきました。

締切

参加申込 8月24日(金) (参加費振込期限 8月24日(金) 又は 当日現金払い)。定員に余裕がある場合、当日受付も行いますが、できるだけ事前申込みにご協力下さい。

一般講演 予稿締切 6月25日(月) (一般講演は申込を締め切らせていただきました)

連絡先(代表世話人)

〒611-0011 京都府 宇治市 五ヶ庄
  京都大学 化学研究所 複合ナノ解析化学 内
  分析電子顕微鏡討論会事務局
  治田 充貴
  Fax: 0774-38-3055
  E-mail: bunseki34@eels.kuicr.kyoto-u.ac.jp

プログラム (2018年07月11日版)
* プログラムの内容(発表順等)は掲載時点の予定であり、今後調整させて頂く可能性もございます。
* プログラム変更の際にはこのページにて告知いたします
9月4日(火) 10:00-16:30
チュートリアル (各30分) 座長: 奥西 栄治 (日本電子)
10:00-EDSの基礎 ~X線検出器と分光のしくみ~
大西 市朗日本電子
10:30-TEM用エネルギー分散型X線分析装置(EDS)の分析手法と定量への応用
森田 博文1・James Sagar2・Simon Burgess21. オックスフォード・インストゥルメンツ・2. Oxford Instruments Nanoanalysis
11:00-EELSを用いた材料誘電特性解析
佐藤 庸平東北大学
11:30-EELSにおけるCore-loss領域の基礎と解釈
溝口 照康東京大学
12:00-昼食
トピックス1 「Liを主とした二次電池材料の解析」 (各30分) 座長: 坂口 紀史 (北海道大学)
13:30-モノクロメーターを用いたSTEM-EELSによる二次電池材料の解析
小林 俊介1・右京 良雄1,2・幾原 雄一1,31. ファインセラミックスセンター・2. 京都大学・3. 東京大学
14:00-分析電子顕微鏡による電気化学デバイスの構造解析
秋田 知樹・田口 昇・橘田 晃宜・前田 泰・田中 真悟産業技術総合研究所
14:30-リチウムK吸収端の電子エネルギー損失分光
吉川 純物質・材料研究機構
15:00-休憩
15:10-リチウムイオン二次電池材料のEELスペクトルの系統的な解析
西藤 哲史1・右京 良雄2・幾原 雄一31. ファインセラミックスセンター・2. 京都大学・3. 東京大学
15:40-オペランドEELS法によるリチウム伝導の可視化
大島 義文1・李 少淵2・高柳 邦夫21. 北陸先端科学技術大学・2. 東京工業大学
16:10-総合討論
9月5日(水) 10:00-16:25
トピックス2 「試料作製法」 座長: 亀谷 清和 (信州大学)
10:00-薄片試料ことはじめ
市野瀬 英喜
10:40-Cryo-SEMや Cryo-TEMのためのソフトマテリアルの試料作製法
伊藤 喜子ライカマイクロシステムズ
11:10-FIBによる試料作製法 ~最近のトピック~
完山 正林・宗兼 正直・村田 薫サーモフィッシャーサイエンティフィック
11:40-凍結試料作製法 ― 手法と応用事例 ―
葦原 雅道サーモフィッシャーサイエンティフィック
12:10-昼食 / JASIS 展示見学時間
特別講演 (60分) 座長: 市野瀬 英喜
14:00-構造生物学を激変させたクライオ電顕
藤吉 好則名古屋大学
15:00-休憩
一般講演 (各15分) 座長: 村上 恭和 (九州大学)
15:10-第一原理バンド計算による銅フタロシアニン結晶のEELS解析
山口 睦・根本 隆・倉田 博基京都大学
15:25-LIB正極材料におけるIn-situ 昇温挙動のSTEM観察
久留島 康輔・村上 慎一・大塚 祐二東レリサーチセンター
15:40-直交型FIB-SEMのSTEM機能による高精度APT用試料作製
生頼 義久1・土谷 美樹1・佐藤 高広1・満 欣2・片根 純一1・大西 毅11.日立ハイテクノロジーズ・2.日立ハイテクサイエンス
15:55-STEM-CLによるナノメートルオーダーの発光スペクトル解析
川崎 直彦・大塚 祐二・吉川 正信東レリサーチセンター
16:10-ガタン社製高感度 SEM-CL システム Monarc™ の紹介
高内 幸一・伊野家 浩司日本ローパー ガタン事業本部
16:25終了

Links

日本顕微鏡学会
[日本顕微鏡学会 logo]
JASIS 2018
[JASIS2018 Logo]
幕張メッセ
[幕張メッセ logo]