第32回 分析電子顕微鏡討論会のお知らせ

8/29 事前参加登録を終了しました。当日登録は可能です。


主催
公益社団法人 日本顕微鏡学会 分析電子顕微鏡分科会
協賛
日本物理学会、応用物理学会、日本表面科学会、日本金属学会、日本鉄鋼協会、日本分析化学会、日本セラミックス協会、日本材料学会、触媒学会、軽金属学会、日本熱処理技術協会 (依頼中を含む)
日時
2016年9月6日(火) 10:00-16:45 (受付 9:20〜)
2016年9月7日(水) 10:00-16:35 (受付 9:20〜)
(分析展 JASIS2016 (主催:日本分析機器工業会)と共催)
会場
幕張メッセ国際会議場2階 国際会議室 (〒261-0023 千葉市美浜区中瀬 2-1)
最寄駅 JR海浜幕張駅 徒歩10分 / JR,京成 幕張本郷駅よりバス15分 / 羽田、成田空港よりバス 40分
9月7日は幕張本郷駅ほかよりJASIS シャトルバスも利用いただける見込みです。⇒JASIS2016 アクセスガイド
海浜幕張駅からは徒歩が便利です。
参加費
日本顕微鏡学会会員(個人会員)及び協賛学会員(個人会員) 6,000円(予稿集含む)
非会員 7,000円(予稿集含む)
学生 無料(予稿集が必要な方は、会場にて1,500円で別売いたします)
内容
分析電子顕微鏡に関わるチュートリアルと研究トピックス(一般講演含む)について講演が行われます。チュートリアルでは、分析電顕の基軸となるEDS、EELSに加えて、試料作製に関する詳しい講演がなされます。初日のトピックスセッションでは、「微量元素の分析」に焦点をあてて、各種分析手法の特徴や最新の研究事例を紹介します。二日目は「分析電子顕微鏡の最先端」というトピックスセッションで、STEM-EELSやカソードルミネッセンスを駆使した先導的な研究が報告されます。なお本年度は二日目の午後全枠を一般講演セッションに設定し、分析電顕に関わる活発な討論の機会を設けます。一般講演に奮ってご参加ください。

参加申込方法

事前登録は終了しました。当日、受付(2階・国際会議室前)にて参加登録をお願い致します。

当日登録用 参加登録票です。記入して受付までお持ち下さい。⇒ 参加登録票 (MS-Word 形式)
なお、振り込みによる参加費支払いは締切らせていただきます。当日現金払いにご協力下さい。

本討論会は JASIS コンファレンス として実施されます。本討論会参加登録のほか JASIS2016 入場登録が必要です。当日朝はJASIS受付の混雑が予想されますので、JASIS 事前入場登録をお願いいたします。⇒ JASIS 2016

連絡先(代表世話人)

〒819-0395 福岡市西区元岡744
  九州大学大学院工学研究院 エネルギー量子工学部門
  村上恭和(分析電子顕微鏡討論会事務局)
  Fax: 092-802-3497
  E-mail: bunseki32@eels.kuicr.kyoto-u.ac.jp

プログラム (2016/8/1 版) ○は発表者
プログラム変更の際にはこのページにて告知いたします
9月6日(火) 10:00-16:45
チュートリアル (各40分) 座長: 板東 義雄(物質・材料研究機構)
10:00-EDSの基礎金子 賢治九州大学
10:40-EELSの基礎治田 充貴京都大学
11:20-電顕試料研磨の凡そ市野瀬 英喜
昼食 12:00-13:30
トピックス1 「微量元素の分析:そこまで行くの?」 (各30分) 座長: 市野瀬 英喜
13:30-EDSによる検出限界の探求近藤 行人・○福永 啓一日本電子
14:00-WDS搭載のEPMAまたはSEMによる微量元素分析高橋 秀之日本電子
14:30-電子線ホログラフィー、位置分解TEM EELSによる軽元素分析山本 和生JFCC
休憩 15:00-15:15
15:15-TOF-SIMSによる微量成分分析とイメージング青柳 里果成蹊大学
15:45-アトムプローブによる元素分析とその応用○大久保 忠勝・宝野 和博物質・材料研究機構
16:15-総合討論
9月7日(水) 10:00-16:35
トピックス2 「分析電子顕微鏡の最先端」 (各30分) 座長: 朝山 匡一郎(日本電子)
10:00-角度分解カソードルミネッセンスによるプラズモン導波路の伝播特性解析○斉藤 光1・山本 直紀2・三宮 工21 九州大学・2 東京工業大学
10:30-分析電子顕微鏡を用いたガラス、液体、気体と振動、エキシトンおよびファンデルワールス力の解析 溝口 照康東京大学
11:00-高エネルギー分解能EELSと有機結晶への応用倉田 博基京都大学
11:30-STEM-EELSによる高空間/エネルギー分解能計測○木本 浩司・吉川 純・長井 拓郎物質・材料研究機構
昼食 / JASIS 展示見学時間 12:00-14:00
一般講演(1) (各20分) 座長: 金子 賢治(九州大学)
14:00-原子カラムEDXマップによる間接型強誘電体(Ca,Sr)3Ti2O7 における電荷ドメイン壁の構造解析○久留島 康輔1,2・吉本 航2・塚崎 裕文2・石井 悠衣2・森 茂生2・S-W.Cheong3 1 東レリサーチセンター・2 阪府大院工・3 Rutgers University
14:20-PEDによるTEM 結晶方位マップ作製技法の現状鈴木 清一TSLソリューションズ
14:40-Multiple-biprismsを応用した電子線ホログラフィーによる有機EL内部の高感度電場観察○佐藤 岳志1・山本 和生2・吉本 則之3・伊藤 勝治1・土谷 美樹1・谷口 佳史1 1 日立ハイテクノロジーズ・2 JFCC・3 岩手大学
休憩 15:00-15:15
一般講演(2) (各20分) 座長: 谷口 佳史(日立ハイテクノロジーズ)
15:15-サンプル、材料、解析の目的に合ったEDX検出器の選択方法○Alex Bright1・Emrah Yucelen2・Eric Van Cappellen31 FEI Japan・2 FEI Holland・3 FEI USA
15:35-DigitalMicrographのscriptを用いた電子顕微鏡法の最適化○佐伯 哲平1・伊野家 浩司1・高内 幸一1・木本 浩司21 日本ローパー・2 物材機構
15:55-大面積SDDによる低ダメージ分析の有用性山田 克美JFEスチール スチール研究所
16:15-微小熱電対を利用したSTEM内ナノスケール熱伝導評価○川本 直幸1,2・掛札 洋平2・山田 勇1・森 孝雄1,2・袁 健軍3・三留 正則1・板東 義雄1・ゴルバーグ デミトリ11 物材機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点・2 物材機構 NIMSオープンイノベーションセンター・3 DIC株式会社

* プログラムの内容(発表順等)は掲載時点の予定であり、今後調整させて頂く可能性もございます。


Links

日本顕微鏡学会
[日本顕微鏡学会 logo]
JASIS 2016
[JASIS2016 Logo]
幕張メッセ
[幕張メッセ logo]
EDGE 2017: Enhanced Data Generated by Electrons
[EDGE2017 Logo]